九州ユニティー

097-553-1465
新着情報 NEWS
HOME ≫ 新着情報

新着情報


本ページは、株式会社九州ユニティーの新着情報を掲載いたしております。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

新着情報一覧


「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2013/12/1(日)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

12月の言の葉
「 真心 」

北の○○○会

2013/11/15(金)
誰が正しいかじゃなくて 何が正しいかを
強い思いとビジョンをもって
強く語る面々がいます
世に目を向け 色んな人と触れ合い
問題を共有し イノベーションが重要と挑戦する若者グループがいます

そこには 自らを考え努力する人間がおり
自らの夢に向き合える場があります
そしてベンチャー精神をもって 内装業のあるべき様を説こうと挑戦しています

"事を成す"
それは組織力

組織力は人間力の総和と思うのです
このグループは その人間力の宝庫
そして面々にはフロンティア精神が宿っており
その枠の中に入ると
凄まじい熱気に包まれた感じがする

その熱気
日本中を巻き込んで欲しいものです


佐藤 新一

「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2013/11/1(金)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

11月の言の葉
「 継続 」

一流と超一流

2013/10/15(火)
超一流と一流の違いを何の物差しを使って計るのか
それは感性の違いと私は思うのです
感性は優しさと気付きである
その感性の大部分は母親のお腹の中で優しさとして育てられ
親の背中を見て気付きを覚え 更に成長を遂げるものである
そして心あるものは社会に出て 更に磨きをかけるのである

マーケティングの理想はセールス不要である
そしてその根源となるのは感性である

今の建設業界は技術者不足 職人不足で困窮している
そんな中 普通に描いた工程表通りに仕事を進めている長がいる
長は言う
「当たり前のことを当たり前にするだけ」と
でも 何年たっても変わらない 変えないことは素晴らしいことである
変わらないから 人が続く
変えないから 人が集まるのです
何が大事かを知ってるから、人が人を呼ぶ
長の凛とした姿勢が皆の心の掛け算を呼ぶ

めまぐるしく移り行くこの世情の中で 変化してはいけないものがある
業種業態は変われども 変化してはいけないものがある
それは想いである
相手を思いやる心である

どんな世でも泳いで生き延びる人
それは感性の磨かれた人である
変わらない想いで変われる人である


佐藤 新一

「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2013/10/1(火)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

10月の言の葉
「 笑顔の伝染 」

「あんぜんプロジェクト」に参加いたしました

2013/9/24(火)
厚生労働省主催の「あんぜんプロジェクト」に、当社も参加いたしました。

詳しくは、安全衛生管理活動ページに掲載しておりますので
どうぞご覧ください。

明確なシグナル

2013/9/15(日)
ふやけた世の中になったことによって
ふやけた人材を大量生産してきた
そして その上に企業が立つ
だから現在の不幸がある

企業を分類するに
限界企業 景気連動型企業 景気超越型企業とあり
超越型企業がこの日本を支えているのである

こんなに分類されたのも
ふやけた人材 の増加
ふやけた世の中にある

なんの成果がなくても給料が貰える
考えなくても給料が貰える
つまり指示待ち人間の増産である

景気超越型企業の領域に入るためには
考えることから始めないといけない
そして危険値を五感をつかって観る
そして指示待ち人間を終焉させ
創造性のある人間の構築にある

超越型 永遠を求めるなら
どんな厳しい経済環境 企業経営に接しても
「人を育てる」
を忘れてはならない


佐藤 新一

工事実績更新のお知らせ

2013/9/6(金)
工事実績のページに「平成24年度」の実績を追加しています。
どうぞご覧ください。

「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2013/9/2(月)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

9月の言の葉
「 信用 」

私の心構え

2013/8/15(木)
長く仕事をしていると色んな経験をします
泣いてすがられて お金を貸して騙されて
次の現場 次の現場と追加金を持ち越され
次は無いのです
すべて私が判断を誤ったおかげで 地獄の入り口まで経験した訳ですが
それを教訓と呼ぶには大きすぎるような気がします

長く仕事をしていると 色んな経験が絶対基準となり自分は何でも出来るという
勘違いも しばしばです
でも もう地獄の入り口は見たくないので そこは色んな人の意見を聞いて
選択し咀嚼し素直な回答へと導くよう心掛けています

長く仕事をしていると色んな人の心が
観えるようになります
お付き合いをしたら悪い会社か否か
騙す人かそうでない人か
見えるようになります

その物差しとして
人の姿勢があります
姿勢とは歩く姿勢 立つ姿勢 喋る姿勢 座る姿勢 身だしなみ 言葉遣い
等々を指すのですが「一事が万事」で この姿勢の悪い社員のいる会社は間違いなく財務が悪いのです
長生きの出来ない会社です

日本の建物には玄関があり そこには必ず上がり框があり
外と内を線引きしています
汚いと綺麗を区分しているのです

ずいぶん昔になりますが ある会社を訪問した際に上がり框がなくて
土間と室内との仕切りがなくて どこでで靴を脱ぐのか
どこででスリッパに履き替えるのか分からなくて悩んだことがありました
「一事が万事」が 見事に当てはまる会社で財務もガタガタで
個人のお金か会社のお金か
個人の物か 会社の物かも線引きが出来ないでいるのです
そういう会社ですから
「お金が無いなら払わない」
そういう算式を立てますから 未だ生存していますが
そういう会社を存続させてはだめですよね
真面目に真剣に頑張っている会社が
素直に頑張ってる人が
涙を見る世界は絶対に作っちゃいけない

そういった意味合いからも
本当をしっかりと見極め 不動の心をもって
本当を貫いて行きたいものです


佐藤 新一


[Page]_1_2_3_4_5_6_7_8_9_10_11_12_13_14_15_16_17
CONTACT

097-553-1465

097-552-8807

お問い合わせ

COMPANY PROFILE

会社案内ダウンロード

※PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

ダウンロード