九州ユニティー

097-553-1465
新着情報 NEWS
HOME ≫ 新着情報

新着情報


本ページは、株式会社九州ユニティーの新着情報を掲載いたしております。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

新着情報一覧


存続

2018/3/15(木)
人間誰しも一人では生きられない
奥さんがいて子供がいて家族があって
生きる意味を知る

会社に於いても同じである
お客様がいて お客様に応える社員がいて協力会社がいる
そして銀行 税理士 証券会社 保険会社 社労士
商社 メーカーと
取り巻く業種も様々で 色んな部分で関わりあっている

そんな中 ことが上手く行くのは
やはり上下関係 前後関係を作らないことである
お金を払う側だから上 仕事を頂くから下
歳が上だから前 成績が悪いから後ろ
そんな裁きはあってはならない

企業として成長を願うなら
存続を望むなら
平等 公平 当たり前の物差しを持つべきで
上下 後ろ前を作ってはならない
そして想いを知ることである

相手を想ってやまない心があるなら
お客様に当たり前の様を説いても良いと思うし
また受け止めてもくれると思う
部下からの苦言も呑み込むことも出来るし
部下に頭を下げることも出来ると思う

大事なことは誰に対しても
想いを忘れず真面目に向き合うことです
そして逃げないことです
誰に対しても
優しくありたいものです


佐藤 新一

「言の葉」ページ更新のお知らせ

2018/3/1(木)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2018年3月の言の葉
「貫」

強い意志

2018/2/15(木)
誰にでも来る明日を生きるのは自分次第
人生の夢や目標は簡単には見つからない

方向性の見出しが一番大事なのである

環境が変わると人が変わると言うが
いくら環境が変わろうと
意識が変わらないと 変わることはない
なりたい自分が見えてきて
いつまでになりたいかが見えてきたなら
立派である

過去は貴方の現在も未来も決めてないことを知り
目的をもち今日に強烈にコミットすれば
一瞬に変わると思う

だから今すぐに変わりたい一歩を
強い意志を持って
強い想いを持って
踏み出せばいいのです

ただ 企業人として生きるなら
時間の限りを知ることです
時代は目まぐるしく変化し
業態もすごい勢いで変化している
そこに貴方がついて行けるかどうかは分からないが
強いベクトルを示せば
きっと追い風が貴方に味方するでしょう

風に乗って
流れに乗れ
そして追い付け


佐藤新一

「言の葉」ページ更新のお知らせ

2018/2/1(木)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2018年2月の言の葉
「再生に奇策なし」

生きる場所

2018/1/15(月)
この熱い想いは届かないのか 見ないのか
背中は見えないのか 見ないのか
心の窓を全開なのに
なぜ覗こうとしないのか
寂しくないのか
苦しくないのか
何処かに生きる術があるはず
何処かに生きる領域があるはず
と 頑張ってきたが
結果は未来を創造出来ず
幕を閉じる

想いは人と人を繋いでくれる
想いは未来を必ず照らしてくれる
と信じていたが
結果は光がさすこともなく 繋がることも出来ず
幕を閉じる

リーダーとして全う出来ない もどかしさ
男として約束を守れなかった悔しさ
色んな思いを拭いきれないまま
幕を閉じる

次に住む場所は
自分の心の窓を全開でいれる領域
参入障壁のない領域
常に自分でいれる領域を
時間をかけて探して欲しいと願うばかりです


佐藤新一

「言の葉」ページ更新のお知らせ

2017/1/5(金)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2018年1月の言の葉
「計」

新年挨拶

2017/1/1(月)
新年明けましておめでとうございます。
いつもウエブサイトを御覧頂き誠にありがとうございます。
また、貴重なご意見を頂き併せて御礼申し上げます。
本年は2020年のオリンピックの準備で地方に於いても、
光が差すのではないかと思います。
ただ、その恩恵も一二年足らずで、
本年は足元をしっかり見据えた経営を強いられる年になるかと思います。
そういう意味合いでも、経営に更なるしなやかさを積み増す一年にしたいものです。
本年も昨年同様、ご支援ご指導の程、
よろしくお願い申し上げます。

佐藤新一

年末挨拶

2017/12/27(水)
福利厚生のあり方、働き方改革と色んな方向付けを
国をあげて示した一年の始まりでありましたが、
はっきりした答えは出ず、真面目に対処したものが
不利益を被る一年、零細企業の経営者を困らせて
一年を閉じるような気がするのは私だけでしょうか。
来年は末端で働く人達が良い一年だったと言える
景色を創りたいものです。
今年一年、本当にお世話になりました。
来年も更に力入れて頑張りますので、
本年同様のご支援、御厚情を賜りますようお願い申し上げます。
ありがとうございました。


佐藤新一

物語の終わり

2017/12/15(金)
物語の終わりです
最後は病気に絶えうる体力は残っておらず
85年の生涯にピリオドを打ちました
最後は30kgの体重があったのだろうか
酸素マスクがきつくて外そうとするが
マスクに手は届かず
家族の声はだんだんと遠のいて

物語の終わりに悔いを残していなかったか
しっかりバトンを渡したと思っているだろうか
もっと自分を表現すれば良かった
もっと遊べば良かった
もっとほかの仕事をしとけば良かった
もっと友達との時間を作れば良かった
と 思ってなかったか
思考は巡るが答えは見つからず

取り巻く人全てに心の準備が出来たと思うが
それでも葬儀で涙してくれる人が居る
ありがとう ってお別れを言ってくれる人が居る
思い出話を語ってくれる人が居る

幸せは自分で選ぶもの
自分で作るものと思うが
何が
何をもって幸せと呼ぶのか
自分が
自分を取り巻く人が
心静かにいれる場所があり
心静かにいれる人がそばにいることが
幸せと呼ぶのではないだろうか
そんな物差しを当てると
素敵な一生だったのか


佐藤 新一

「言の葉」ページ更新のお知らせ

2017/12/1(金)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2017年12月の言の葉
「湧いてくる」



[Page]_1_2_3_4_5_6_7_8_9_10_11_12_13_14_15_16_17_18
CONTACT

097-553-1465

097-552-8807

お問い合わせ

COMPANY PROFILE

会社案内ダウンロード

※PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

ダウンロード