九州ユニティー

097-553-1465
新着情報 NEWS
HOME ≫ 新着情報

新着情報


本ページは、株式会社九州ユニティーの新着情報を掲載いたしております。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

新着情報一覧


ホームページリニューアルのお知らせ

2016/6/1(水)
毎度お世話様です。
色んな情報機器に対応するべく、そして想いが届くようにとの思いで
この度ホームページをリニューアル致しました。
今後も色んな人に本当の様を伝え、勇気を届けられるよう
頑張って伝え続けようと思います。
どうぞ、これからもご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

お礼

2016/5/15(日)
先だって由布院温泉に一泊しまして

12室の離れを持つ旅館を50人のスタッフで
賄いをする旅館にお邪魔しました

1室あたりのスタッフの割り付けを見ても
高級さが見え隠れしているのですが
料理もスタッフも
間の取り方も一流でした

中でも感心したことは
私の色んな「わからない」に懇切丁寧に教えてくれたことです
色んな問答がある中の最後の質問で
「色んな旅館がある中で何故 この旅館を選んだのか」
の問いに

「この旅館は人を大事にするお店 お客様を大事にすることには
どのお店も変わりはないでしょうが このお店は従業員を本当に
大切に扱ってくれる
だから選びました
今 10年経ってこの地に降りて ここの店主に逢って
この旅館の仲間に逢えたことを幸せに思います」
と答えが返ってきました

食事する早さを計り 次に出す料理の間を計り
酒を飲み干す間を計り 次の自分の登板を計り
お客様の言葉を拾い お客様の好き嫌いを計る

縁とタイミングをスピーディな判断で決断し
スタッフが入れ替わる中
短い時間の中でお客様の情報がスタッフからスタッフへと
しっかりと情報伝達が出来ている
一期一会の大事さを面々が熟知している
素晴らしい出逢いでした

世の喧噪から離れ一時の静寂を与えていただき
また違う見地から自分を見つめ直す機会をいただき
そして商売の本当の様を勉強させていただきまして

協力会社の皆様に御礼申し上げます
本当にありがとうございました


佐藤 新一

「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2016/5/1(日)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2016年5月の言の葉
「 憶 」

一寸の虫にも五分の魂

2016/4/15(金)
私は社員 職人に現場で楽しんで達成感を観じ
仕事の醍醐味を味わって欲しいと常々 思ってます
現場や市場の動きを肌で感じ嗅覚や判断力を養い
世界の現場で自分を試して欲しいと思ってます

その為に 見えない未来をみんなで観よう
そして未来の工程表を作り
そこに夢を乗せ数値を入れようと常
言葉しています
ただ その数値の向こうには人がいる訳だから
まずは人たらしになれと
人たらしになる為に
人間としての総合力を磨けと

ただ最近 現場で逢う管理者は上からものいう人ばかりで
横に並ぶ事はなく 常に下請けという目線で
現場での不具合ならまだしも
人間性まで馬鹿にされる現況があります
そこには一緒に生きるという術はなく
どこまで行っても下請け
協力会社の意識はなく参加者の領域

協力会社と参加者には雲泥の差がある事を知らないのか
観ようとしないのか
今一度 協力会社の物差しを見直して欲しいものです

また 私どもは そんな理不尽な扱いを受け
本当の協力会社の様を説いて行かねばなりません
戦って戦って双方
五分の世界を創りたいものです
心の掛け算が出来る世界を創りたいものです

佐藤 新一

「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2016/4/1(金)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2016年4月の言の葉
「 桜 」

想いへの恩返し

2016/3/15(火)
今の住む世界が息苦しい
自分が大きくなって苦しいのか
世界が狭くて苦しいのか分からないが

間口を押し広げ
空を押し上げ
自分が住む世界を創ろうと
1秒の大切さを知り 1秒を大事に扱い
更なる夢を描き
新たな未来の扉をこじ開けようと
明日への道を引こうと
頑張っている男がいます

彼は言います
怖くて怖くて震えた日があった
悔しくて悔しくて眠れない日があったと

明日手形が決済できるのか
明日お金が入ってくるのか
明日仕事があるのか
明日皆が働いてくれるのか

石橋を叩いて渡る
石橋を叩いても渡らない
石橋を目を閉じて渡る
石橋を叩いて壊す
色んな経験をしたなって

誰にもみせない涙が
人知れず流した涙があった

今があるのは
自分を支えてくれた皆の想いがあるから
今からは皆から頂いた想いに恩返しです
だから走ることを止めません
命 ある限り走り続けると

未来への扉 必ずこじ開けて下さい
そして夢へと続く王道
ど真ん中を堂々と歩いてほしい
そんな思いでいっぱいです
頑張って下さい

佐藤 新一

「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2016/3/1(火)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2016年3月の言の葉
「 夢 」

老いてなお

2016/2/15(月)
いかなる生命も生きる意味がある
老いることにも死ぬことにも
千年木のように枯れる時まで幹を太らせ続けようと
頑張ってる70歳がいます

でもそれを蔑む者がいる
それは
本当を観ようとしないから
本当が見えないから
優しさがないから

自分もいつか70歳を迎える時が来るのに
私は違うと思っているのでしょうか
お前は何をしてきた
お前に何が出来るのかと言いたい

年老いて初めて作れるものがある
豊富な経験が生み出す価値
真面目に生きた人生が生み出す人脈
諦めないで逃げないで生きてきて培った心の強さ
積み重ねた知識がある

私の知り合いに100歳定年を唱える経営者もいるんですよ

だから本当の後継者が見つかるまで
元気で頑張ってください
それが血縁じゃなくても
あなたの意を汲んでくれる人と出逢うまで
頑張ってほしいものです

私にとって あなたは人生の先生で
宝の宝庫です

あなたが人生を締めくくる時には
自分の人生を凝縮し
私を含めて後継者の糧となるような
一世一代の遺書をこの世に残す
絵図を描写してほしいものです


佐藤 新一

「言の葉」 ページ更新のお知らせ

2016/2/1(月)
「言の葉」 ページに新しい言葉を追加しています。

2016年2月の言の葉
「 熱量 」

振り返る

2016/1/15(金)
道端で転んでしまいました
振り返って見ると 足元に段差がありました
転んだ原因は その段差に引っかかったからです
違います
本当の転んだ原因は疲れです
体が疲れ 心が疲れているから
その小さな段に気が付かなかったのです
体を休めましょう 心をやすめましょう

部下を怒ってしまいました
振り返って観れば些細なことで

吐いた言葉
相手にどう届くか
相手に汚い言葉として届いているのでは
相手の心に深く突き刺さり一生消えないのでは
自分なら どういう言葉をかけてほしい
自分なら どういう態度をとってほしい
と 一呼吸おいて
考えることが出来なかったのは
体が疲れ 心が疲れているから
違います
本当の叱った原因は未熟だからです
一呼吸に静かな心
そして人を思いやる優しい心を磨きましょう


佐藤 新一


[Page]_1_2_3_4_5_6_7_8_9_10_11_12_13_14_15_16_17
CONTACT

097-553-1465

097-552-8807

お問い合わせ

COMPANY PROFILE

会社案内ダウンロード

※PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

ダウンロード